関西大学北陽高等学校サッカー部公式ホームページ

HOME
News
最新試合〔公式戦〕結果
11月27日(日)
高円宮杯u-18サッカーリーグ2022-osaka2部(後期)
第16節
関大北陽 履正社B
2
0前半1
2後半0
1
大平
日谷
得点者  



合同練習会

サッカー部の取り組み
応援サイトへ サッカー部OBの皆様へ サッカー部OBの皆様へ

2020年8月20日(木曜日)
TM A VS 京都橘 〇6-2
関大北陽高校のグラウンドで京都橘高校とTM(35×2)を行いました。今日は格上の相手であるため、先ずは良い守備から入って、攻撃を組み立てて行こうというミーティングで試合に入りました。立ち上がり1分に勢いで押し込み先制点を取りました。その後、9分、12分に立て続けに失点をしましたが、気持ちを落とすことなく29分、34分に得点を奪い3-2で前半を折り返しました。後半もポジショニングで優位性を保ち50分、68分、70分に得点し結果は6-2で勝ちました。本日は夏休み最終日となりましたが、夏休みに取り組んで来たことが攻守にわたって試合で出すことができた良いゲームでした。得点者:4×母倉 入柿 衣川

B vs 神戸弘陵B 1-2●

神戸弘陵高校と練習試合(30×2)を行いました。試合の立ち上がりから守備の強度が低く、相手CBの精度の良い配給に苦しみました。後半は前半に比べて守備は改善傾向にありましたが、アタッキングサードでの質を欠き、ゴールはなかなか奪うことができず、試合は1-2で終えました。アグレッシブに闘うことを土台にリーグに向けて改善していきたいと思います。得点者:倉田


2020年8月18日(火曜日)
コリアジャパン③ 1年生 vs芦屋学園 〇1-0
芦屋学園人工芝Gで芦屋学園高校とコリアジャパンの試合(40×2)を行いました。前半はいい形で相手ゴールに迫ることができましたが最後の質が低くなってしまい得点を奪うことができず、0-0で前半を折り返しました。後半は立ち上がりに高い位置でボールを奪い、ショートカウンターから先制点を奪いました。その後はお互いに決定機がありながらも決めきることができず、1-0で試合を終えました。攻撃面では距離感や最後の質、守備面ではハードワークや強度などを修正していきたいと思います。得点者:角谷

2020年8月16日(日曜日)
TM A VS 市立尼崎 〇4-0
関大北陽高校のグラウンドで市立尼崎高校とTM(30×2)を行いました。今日の試合はビルドアップをテーマとして取り組みました。立ち上がりからポジショニングとボールの置き所にこだわり、良いビルドアップから6分に先制すると、28分にも追加点を奪い2-0で前半を折り返しました。後半は相手の守備のやり方が少し変わり保持率は落ちたものの34分と49分に追加点を取り結果は4-0で勝ちました。今日はポジショニングにこだわりを持ち、相手・味方・スペース・ボールを常に観て良い判断をすることができた良い試合でした。得点者:2×梶丸 正田 入柿

3部L第7節 vs関一B 1-0◯

金光大阪高校のグランドで関西大学第一高校B3部リーグ第7節の試合(40×2)を行いました。立ち上がりにセットプレーから先制し、試合を優位に進めることができました。試合を通して、相手のビルドアップやセットプレーに苦しむ場面もありましたが、暑い中、チーム全員で走り、闘い、勝ち点3を獲得しました。また次節に向けて良い準備をしていきます。得点者:伊東


Groeien③ 1年生 vs履正社 ●0-4
履正社茨木グラウンドで履正社高校と関西U-16~Groeien~の試合(40×2)を行いました。前半立ち上がりから相手の背後を狙った攻撃に対応をすることができず押し込まれる場面が続き、11分にCKのこぼれ球を押し込まれ先制されてしまいました。その後も展開を変えることができず2点を追加され、前半を0-3で折り返しました。後半は少し裏への対応が改善されましたがセカンドボールを奪えない、奪ってもすぐにロストしてしまうため自分たちのペースにすることができませんでした。後半にも1失点してしまい0-4で試合終了となりました。今回の結果をしっかりと受け止め、チームとしての戦い方を追求していき、次回の試合では勝ち点3を奪えるように改善していきたいと思います。