ニュース| 関西大学北陽高校サッカー部サポートサイト「燃えろ!北陽」

HOME
ニュース
最新試合〔公式戦〕結果
6月26日(日)
高円宮杯u-18サッカーリーグ2022-osaka2部(前期)
第7節
関大北陽 大産大附属B
4
2 前半 0
2 後半 0
0
宝栄
亀井
東村
栗野
得点者  
栄光の腹番号物語
賛助会員
北陽高校サッカー部公式ページ
北陽高校サッカー部公式ページ


栄光の腹番号物語
亀田コンストラクション
ふく玄
万博ジュニアサッカースクール2020
有限会社フォーライフ
ピーバイエス株式会社
万博ジュニアサッカースクール


ニュース
news
2019年12月26日(木曜日)
WEST JAPAN CAP U-16
12月24日~12月26日に山口県防府市でおこなわれましたWEST JAPAN CAP U-16に参加いたしました。グループリーグではVS四学香川西〇3-0,VS長崎総附●0-1,VS瀬戸内〇4-1の結果でグループ2位となり、最終日の3位決定戦ではVS東海大仰星に●1-4で敗れ最終順位は4位となりました。今大会では各地域の強豪校と試合をさせていただき、チームとして自信につながることもありましたが、まだまだ未熟な部分が多くあると実感しました。この経験や感じたことを今後に活かし個人・チームの成長につなげたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました。

2019年12月22日(日曜日)
TM A VS 洛北 ○3-1
関大北陽高校のグラウンドで洛北高校とTM(35×2)を行いました。立ち上がり1分にアタッキングサードでFKを獲得しそれを直接決めて1-0で前半を折り返しました。後半は前半より攻撃のテンポが良くなり38分と39分に綺麗な流れから得点し3-0とリードしました。51分に自分たちのミスからボールを失い、失点して結果は3-1で終了しました。今日は、高い位置からプレッシングをかけて来る相手に対してどのようにボールを運ぶのか?が課題となった試合でしたが、ポジショニングや距離感、優先順位などがゲームの中でどんどん良くなり成長を感じたゲームでした。守備の部分ではまだまだ緩さが見られるので、TRで改善して行きます。得点者:宮本 正田 有吉

2019年12月19日(木曜日)
TM B VS 神戸弘陵 △1-1
神戸弘陵高校のグラウンドで神戸弘陵高校とTM(40×2)を行いました。前半はお互いにチャンスがありながらも得点を奪えず拮抗した状態が続きましたが、31分にショートカウンターからPKを獲得し先制点を奪いました。後半は全体のラインが下がってしまい押し込まれる展開となり、50分にプレスが緩くなったところから後手の対応となり失点をしてしまいました。その後、守備ではしっかり我慢をしながら少ないチャンスで勝ち越し点を奪いにいきましたが得点を奪えず試合を1-1で終えました。得点者:猿渡

2019年12月18日(水曜日)
新庄小学校でレクをやってきました
地域貢献の一環として新庄小学校でレクレーションをおこなってきました。新庄小学校は上新庄駅に隣接しており高校生は登下校時に小学生と一緒になることが多くあります。今回はそこの小学校に行き、事前にイベント・企画係が小学校の先生や地域の方々と打ち合わせを行いレクレーション(ドッジボール・サッカー)を実現させました。対象となった学年は小学校1年生~3年生(40名程)で、最初から最後まですごく元気で高校生は圧倒されていました。高校生たちは、コミュニケーション能力の必要性や、伝えることの難しさを感じていました。最後は、高校生が校門付近で見守り隊として下校する小学生とハイタッチをしたり、じゃんけんをしている姿が印象的でした。次回は12月20日に行ないます。

2019年12月15日(日曜日)
TM A VS 和歌山北 ●1-3
関大北陽高校のグラウンドで和歌山北高校とTM(35×2)を行いました。前半は攻撃のポジショニングを意識して立ち位置を決め、ゲームを展開したため、ボール保持率が上がり、シュート本数も11本対3本という試合展開となりました。しかし、決定機をことごとく外し1点しか取ることができませんでした。後半は、メンバーを替え更にギアを上げようとしましたが、距離感が悪くなり、運動量も落ちて、47分・60分・62分に失点して結果は1-3の敗戦となりました。後半に圧倒できるたくましいチームにしていきたいと思います。得点者:河崎

2019年11月23日(土曜日)
TM A VS 野洲 △1-1
関大北陽高校のグラウンドで野洲高校とTM(35×2)を行いました。技術のある相手に対してどのように守り、どのようにボールを奪うのか?がテーマとなりました。立ち上がりから自由な時間やスペースを与えず試合を運びますが、11分に崩され失点してしまいました。しかし、24分に前線の良い打開から得点し1-1で前半を折り返しました。後半もチャンスは来ますが決めることができず、結果は1-1の引き分けでした。色々なスタイルのチームと戦い参考にできる所は学び、自分たちの力を上げていきたいと思います。得点者:梶丸

2019年11月17日(日曜日)
TM A VS 市立尼崎 ○2-1
関大北陽高校のグラウンドで市立尼崎高校とTM(35×2)を行いました。攻守にわたってハードワークが求められる試合となり33分に失点をして前半を終了しました。後半に入り、41分と60分に得点を取り結果は2-1で勝ちました。得点者:大石 母倉

2019年11月10日(日曜日)
TM A VS 立命館宇治 ○7-0
関大北陽高校のグラウンドで立命館宇治高校とTM(35×2)を行いました。前半7分に前線の崩しから先制点を取ると34分にも追加点を取り2-0で前半を折り返しました。ハーフタイムで守備の確認をして後半に入りました。前線からの守備が良くなり、36分・37分にショートカウンターから得点を奪いました。その後も3点を追加し結果は7-0で勝ちました。球際の所にこだわりを持ち、しっかりとした土台を作っていきたいと思います。得点者:宮本×3 入柿×3 藤岡

2019年11月4日(月曜日)
TM A VS 常翔学園 ●0-2
関大北陽高校のグラウンドで常翔学園高校とTM(35×2)を行いました。前半は押し込む時間帯が続きビッグチャンスを何度も作りますが得点には至らず0-0で折り返しました。後半はカウンターから15分・23分に失点して結果は0-2でした。新チームの初戦となりましたが自分たちに足りないものが見えた試合となりました。

2019年10月27日(日曜日)
選手権大会 6回戦 VS 履正社 ●2-3
J-GREEN堺で選手権大会大阪予選6回戦(40×2)の試合を行いました。立ち上がり2分に自陣への背後ボールにDFとGKが迷い、相手FWに点を決められてしまい、良い入り方はできませんでした。しかし、チームで作り上げてきたサイド攻撃をベースに何度も良い形を作り出し29分にはCKから得点し、1-1で前半を終えました。後半に入っても良い攻撃は継続され45分にCKから追加点を奪いリードしますが、49分に相手サイドアタッカーにカットインからスーパーシュートを決められ同点に追いつかれました。次の1点が勝敗を決めると思った68分に自陣ペナルティーエリア内でファールをしてしまいPKで追加点を奪われ結果は2-3でした。今日の試合は、悔しい敗戦となりましたが、3年生を中心に自分たちの持っている力を最大限に出して戦えたゲームでした。今日も、堺には北陽の熱い応援が響いていました。たくさんの応援ありがとうございました。3年生が叶えることができなかった目標を後輩たちには是非とも叶えてほしいと思います。得点者:鈴木 辻西

< 前ページへ
次ページへ >